« 『中学サッカー小僧2007夏版』6/12(火)いよいよ発売!! | トップページ | 2007年夏の大会スケジュール »

2007年6月19日 (火)

わかりづらいU-21ユーロの仕組み

ちわ〜っす!

久しぶりに更新します。とりあえず、ずいぶん前に書いたU-17欧州選手権のフォローから。

◎最終予選(決勝トーナメント)
準決勝
スペイン  1-1  ベルギー
(A組1位)  7PK6  (B組2位)

イングランド 1-0 フランス
(B組1位)      (A組2位)

決勝
スペイン  1-0  イングランド

で、この4カ国がU-17W杯出場権を獲得しました。組み合わせ抽選の結果、フランスが日本と同グループになったんですね。詳しくは『中学サッカー小僧2007夏版』p.71に掲載してあるので、そちらをチェックしてください♪

さて、本題。現在、ヨーロッパではU-21欧州選手権が佳境を迎えているのです。いちおうオリンピック予選を兼ねているので、日本のU-22代表と同じような位置付けの代表チームの大会です。「いちおう」としたのは、オリンピック予選を兼ねているのに、1つ上の年代のチームが戦っているからです。

ちょっと一回整理してみましょう。オリンピック代表はオーバーエイジ枠という特例を除き、大会時に23歳以下であること、という決まりになっています。次のオリンピックは来年行われるので(@北京:ペキン)、参加資格のある選手たちは現在22歳以下となりますね。これを生まれ年で見てみると1985年以降に生まれた選手、ということになります。

だけどU-21欧州選手権を戦っている選手は、現時点で23歳以下という決まりで、1984年以降に生まれた選手たちという枠組みになっています。オリンピック出場資格を勝ち取ったのに、年齢制限で出られない、というヘンテコな事態が起きるしくみなんです。オーバーエイジとして出られなくはないけど、おかしな話ですね。

こんなことになったのは、U-21欧州選手権の開催年が一年ズレたからです。前回までのペースなら、この大会(の決勝トーナメント)は来年のオリンピック前に行われていたはずだったのですが、「オリンピックと同じ年の開催はよろしくない」という判断か、一年早めて開催することに決められたのでした。

でも、オリンピック予選を一年早く行いましょうという感覚ではなくて、U-21欧州選手権を別の年にやりますか、というような考え方だったため(想像ですが)、年齢制限がチグハグになってしまったのでした。

ちなみにさらに混乱してきますが、U-21欧州選手権というネーミングであるにも関わらず、U-21カテゴリーじゃない、というチグハグも生じています。これは、U-21欧州選手権を始めるときには、21歳以下でスタートし、本来は2年かけて決勝トーナメントまで開催していくということだったのですが、今回はまた、そのズラシのあおりを食らって、始めたときですら22歳以下という決まりのU-21大会という、珍レギュレーションが誕生したのです。

えー、長くなりましたが、そんな大会がいよいよ佳境だということです。

▼いま、決勝トーナメントのグループステージが終わったところ。
U20

ここから上位2チームずつが、トーナメント形式で戦いチャンピオンを決めるわけです。またそこで同時に、北京オリンピックには欧州から4カ国が進出可能なので、その最終トーナメントエントリー国がそのままオリンピック出場国、と通常考えられるのですが、またもやトリッキーでして、そうはいかないのです。

今回のU-21欧州選手権は頭を使います(- -;)

ちなみに何が「そうはいかない」のかというと、「イングランド」がそうはさせないのです。
サッカー界では「イングランド」で通っていますが、ご存知の通りそれは「イギリス」の一部なんですね。そこんところオリンピックとしては認められません。

−−あなたたちがイギリス代表ですか?
「いや違います。イングランド代表です」
−−うーん、困ったなぁ。ほかの3国と話をつけて、イギリス代表ということにしてくれませんか?
「それは難しいですねぇ」
−−それだったら参加できなくなってしまいますよ。
「ならば、参加しません!」

と、こういうやりとりは恐らくなかったと思うのですが、イギリス系の4国(あとはスコットランド、ウェールズ、北アイルランドです)は、たとえ出場権を手に入れても棄権することにしているのです。
なお、北京の次のオリンピックは、そのイギリス・ロンドンで行われることになっていて、4国がついに合体して、「イギリス代表」になるんじゃないか!? といって注目を集めているんです。でも今回はイギリス代表というのはナシで出場権を捨てるらしいので、グループリーグで3位だったポルトガルとイタリアが出場権をかけて戦うらしいです。

◎今後のスケジュール

6月20日(水)準決勝
 18:15 オランダ vs イングランド
 20:45 セルビア vs ベルギー

6月21日(木)サードプレイオフ
6月23日(土)決勝

※日付時刻はいずれも現地(オランダ)時間。サマータイムなので日本時間−7時間。
 18:15=25:15、 20:45=27:45 ということです。

|

« 『中学サッカー小僧2007夏版』6/12(火)いよいよ発売!! | トップページ | 2007年夏の大会スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/6842794

この記事へのトラックバック一覧です: わかりづらいU-21ユーロの仕組み:

» 議席増を狙う [イスラエル国内で]
これまで住民ら 月以降 ホームページ [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 18時28分

« 『中学サッカー小僧2007夏版』6/12(火)いよいよ発売!! | トップページ | 2007年夏の大会スケジュール »