2006年7月10日 (月)

2006ドイツW杯これにて閉幕

ちわ〜っす!

今朝、イタリア代表のDFグロッソがPKをゴール右上に突き刺したところで、ドイツW杯の全試合が終了しました!! ジダンが延長後半のラフプレー(ヘッドバット)で一発退場=引退となり、セレモニーでは審判団、イタリア代表ともに観客のブーイングを受けるというちょっぴり後味の悪い決勝戦になりましたが、自国リーグが八百長疑惑で揺れに揺れているイタリアチームが、サポーターの切なる願いを叶える形で優勝。サッカー狂(サッカー大好き)の国民たちに束の間の安堵と、この7月の真っ暗闇に希望の光を与えたことでしょう。

中学生のみんなにとって、今大会がスーパープレーとばったり遭遇の機会となっていれば、これ以上のことはありません。ジダンやC・ロナウドのボールテクニック(もうマネしてみました?)だけでなく、カンナバーロとかマケレレ&ヴィエラのDFテクニックなども光り輝いていましたよね〜。

多くのスーパースターたちがこの大会を機に代表/現役を引退することを発表しています。ジダン、NAKATAだけじゃありません。いま思えばそんな多くのベテランスターたちの気力に溢れた大会だったという気がします。やっぱりW杯のスゴさって、選手やサポーターたちが「かける思い」のスゴさなんでないでしょうか。
みなさんもこれから、(一時)引退をかけた夏大会に挑むところだと思います。つまり自分はこの夏、そんな気合いの入った中学サッカー大会が見たいのであります。

これでドイツW杯は終了ですが、ひと息ついたらまた次(南アフリカ)大会へのスタートです。中学生のみなさんにとっては、もとよりそっちに照準を合わせていたよってな話でしょうが、さらにスピードを上げていくはず。日本代表としてあのピッチに立ちたいと思ったひとは、ぜひ本気で目指してほしい(その思いをかけてほしい)と思います!

自分たちも何とかそのためのヒントを探してご紹介していきたいと思っています。では、これからはまた地に足付けて中学サッカーにフォーカスしていくのでどうぞよろしく!

T_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

デコとジダンのパスの違い

ちわ〜っす!

このブログの話題も現在、完璧にW杯に浮気していますが、それもあと2戦のこと。一足早く祭りの終焉を思って、そのはかなさを感じている自分っす。

今朝のポルトガルvsフランスもガチガチの真剣勝負でしたね。個人技のポルトガル対組織プレーのフランスという印象を受けましたが、それはデコとジダンの出来の違いが作り出した明暗だったのではないかと思っています。デコは決定的好機を創出できなかったどころか、担っている役割が大きいだけにチームを分断させてしまっていたのではないかと思います。

あと、ポルトガルは審判とどうしてもウマが合わなかった。予想外のところでプツリプツリとプレーが切れてしまった。そして、フランスは対称的なくらいにピッタリ合ってた。ファウルかファウルでないか、微妙なプレーの線引きが試合を決定付けてしまうこともありますよね。あのPKも個人的にはちょっと厳しい判定だったかなと思っています。前半30分でウルグアイの審判がフランスに好印象、ポルトガルにちょっと悪い印象を抱いていたのかも知れないなどと勝手なことを想像しています。

自分はその辺を見抜く能力に自信がないのですが、この試合は両チームともフェアーに戦っていたのではないでしょうか? いや、どうなんでしょうか? 自分はクリーンな勝負だという目で観戦していたので、ポルトガルの右SBミゲルの負傷退場のシーンに目頭が熱くなりました。純粋に勝負に勝ちたいというモチベーションで戦っているのが見え(た気がして)ジーンときました。

これは中学生の皆さんが観客の僕らに与えてくれる感動と同質なんですよ。知ってましたか? なかなか中学サッカーを外から観られないから知らないかも知れません。今はW杯に浮気中の自分ですが、W杯がもうすぐ終わることに対してはかなさを感じると同時に、すぐそこにやってきている中学生たちの夏大会を待ち切れなくなってきています。このW杯を観たみんながどんなサッカーを見せてくれるのか、とても楽しみにしています。

それではラスト2戦、世界のスーパースターたちが繰り広げるサッカーを貪欲に吸収しちゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ピルロのスルーパスに学びましょう

ちわ〜っす!

今朝のような試合をみなさんはどうやって観ているんでしょうか? 20時に寝て早起きして観ている人もいるでしょうし、ニュースで観れば十分と言っている人もいるでしょう。

しかし今回、一番被害を被ったのは、ビデオ録画して観ている人たち。北朝鮮ミサイル発射という尋常じゃない非常事態が起こってNHKは試合が延長に入ってから放送を中段、NHK教育が中継を受け継いだわけですが、それからNHKは特番を流したのでした。

自分は寝ずに生中継を観ていたので試合の後半部分をごっそり見逃すことなく、決勝弾などもばっちり確認しましたが、試合中はそんなことが気になったり、その前から画面に出てくる文字情報に衝撃を受けて動揺したり、正直W杯を観ている場合じゃないだろと思いながらW杯を観ていたのでした。よって球の行方を徹頭徹尾追い続けられたわけではありませんでした。

たしか第一報は前半30分くらいでしたでしょうか? 少ない情報が画面の一部と自分の視野のほとんどを占領しました。前半の残り時間を耐えるNHK。普段ならすぐにでもそのニュースを流していたに違いないと思いますが、そこはW杯。途中、画面を分割したり、手を打ちながら中継を続けたのでした。自分はそれをみて、日本国内のW杯注目度の高さをあらためて実感したのですが、ちょっと時間をおいてからは、NHKのその判断には、あの時点では放送中の番組を中断してまで伝えなければならないほどの情報は掴めていないという要素もあったのだろうと思うようになりました。

ミサイルが飛んでくるような事態とW杯。うまくビデオ録画できなかったことに対する怒りを抱いている人もいるかもしれませんが、そこは間違えてはいけません。ミサイルのことを伝えてもらいましょう。わが編集部の先輩のように起きてみていたのに(PK戦になるだろうと予想して)得点シーンを見逃してしまうようなことはままあるわけです(笑)

W杯に熱中するあまりに家族や友だちに冷たくあたってしまわないように(自戒)、W杯の狂騒の中で自分を見失わないように、泣いても笑ってもあと3戦、最大限に楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

「より高いステージへ 中田英寿」

ちわ〜っす!

中田英寿選手の現役引退発表をみて、昨夜自分はひっくりかえってしまいました。とてもビックリしたけれど、そのあと「ヒデ先輩だもんな…」となんか納得する思いでした。

『中学サッカー小僧2006夏版』の日本代表編3「より高いステージへ 中田英寿」(p112〜)で、小見幸隆さん(ヒデ先輩が出場した1993年のU-17世界選手権のときの日本代表コーチ)は、
「例えば、今のサッカー少年たちに『プロになりたいか?』と聞けば、ほとんどの子が手を挙げるでしょう。中田の場合は、そんな淡い夢ではない。おそらく漠然としながらも逆シミュレーションのような形で、将来の青写真が描けていたのではないか」
とU-17代表当時のヒデ先輩の姿を語ってくれていますが、今回の引退発表を読んでみてもその姿勢が継続していたという印象を受けます。

ラストマッチとなったブラジル戦のあとに、ヒデ先輩は人目をはばからずに泣いていたと言います。自分もテレビでピッチに横たわり涙を流していたのを見ました。自分が決めたことのせいで辛い思いをする。本当に、淡くないっすよね。

これは本誌の宣伝なんすけど、小見さんは最後にヒデ先輩の引退の仕方を予想しています。想像するに小見さんもきっと今回の引退発表には驚いていることだろうと思いますが、しかし、予言していました。
指導者ってすごいな。こんなに深く理解してくれる指導者に出会えたというのもヒデ先輩のサッカー人生を作ったのだろうな、と思いました。
その小見さんが、中学生がヒデ先輩から学べることを教えてくれています。「偉大な先輩がいて、辞めてお終い」だったら日本のサッカーは伸び悩んでしまいます。中学生の皆さん、ぜひ読んでください。中田ヒデ先輩がなしたことを自分の力にかえていってください。

「彼はどんな意識でサッカーと向き合ってきたのか?」
「より高いステージへ 中田英寿」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 3日 (月)

W杯4強決定!《独・伊・葡・仏》

ちわ〜っす!

ドイツW杯の途中結果っす。ベスト4はヨーロッパの国々が独占ですね。開催国のドイツ、準々決勝で3点差をつけたイタリア、40年ぶりの準決勝進出となったポルトガル、そして王者ブラジルを破ったフランス。この4チームに共通することは……とやって何かを発見したいところですけど、やっぱりそんなのはいらないか。朝4時からとヘンテコな時間ですが生中継があるのだし、総括しなくともサッカー小僧のみなさんは自分に必要なプレーを目に焼きつけたことでしょう!

普段なかなかサッカーを見られない人も、W杯期間中はニュースまでサッカー一色なもんで世界レベルのスゴ技を目の当たりにしていることでしょう。そこでひとつでもプレーアイデアを盗んで、自分のサッカーに反映させてほしいなと思います。

自分もW杯を通してサッカーレベルを上げて、皆さんにもっと役立つ情報を伝えられるようにしたいと思っています。あと4試合、さぁ楽しみましょう〜

T_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

ロナウドは有言実行のフェノメノだった〜

ちわ〜っす!

ちょっと遅い話題ですが、ブラジルの怪物FWロナウドが、ワールドカップの通算得点記録を更新しましたね。大会前は、通算12得点でしたが(ペレと同点)、今大会はvs日本戦の2得点を含み3ゴール記録していますから、合計15ゴール。元西ドイツ代表の爆撃機ゲルト・ミュラーがもっていた14ゴールという記録を抜き去り、単独1位となったのでした。

ここで、『中学サッカー小僧2006夏版』のインタビューで気になることを言っていたので抜粋します。

「W杯は決勝戦まで進めたとしても7試合しかない。恐らく3点くらいは取れると思うけど。それでちょうど通算15点か…。新記録になるわけだよね。でもそういうのも凄いプレッシャーになってくるんだよ」

いま読むと、弱気のような気もしますね。なんか3点取って満足して、フランス戦無得点で敗退なんて絵が浮かんできます。それとも肩の荷を下ろしたロナウドが昔のようなキレのある動きを取り戻して、快勝するのか。
今度のブラジル代表の試合は、月曜の朝4時キックオフ。

キツイ時間帯ですが、ロナウドの怪物っぷりを読み測るためにも絶対見る気でいます! みなさんもぜひその目で確かめてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

W杯ベスト8勢揃い

ちわ〜っす!

全世界が注目するドイツW杯も、8強が出揃ってひと休み。2日間のブレイクを挟みます。あらためて8強のラインナップを見てみても、「順当だな…」という感想が出てくるばかり。今大会のダークホースと目されたチーム・ガーナも昨夜王者ブラジルに完敗。あとはウクライナくらいでしょうか。

何かフレッシュでチャレンジングな要素が少ない大会のような印象を持ってしまいます。2002日韓W杯や2004のユーロが荒れたときは、そうは願わなかったのに、勝手なもんですね。この印象は、結果だけを眺めているからもつものですよね(自戒)。フレッシュな選手やチャレンジングなプレーは当然あふれているわけです。大会のブレイク期間中もビデオ録画しておいた試合をチェックしようとモチベーションを持ち直しました。

では、トーナメント画像をアップしておきます。これも2006夏版の「書き込める!! ドイツW杯 組合せ&日程表」(P.62〜)に対応している(縦横が違いますが)ので、書き込むときの参考にしてくださいね!

T2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

W杯決勝トーナメント途中結果

ちわ〜っす!

W杯の決勝トーナメント画像をアップしておきます。
今朝行われたポルトガルvsオランダは荒れたようですね〜(まだ観てないんすけど)
こうやってみてみると、グループリーグ1位突破組が順当に勝ち上がっているのが分かります。やはり今大会は波瀾の少ない大会といえるみたいっすね。

T

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

W杯グループリーグ全試合結果

ちわ〜っす!

W杯は、ずんずん進んでいきますよ〜。ついていっていますか??
ここで予選グループの結果をおさらいしておきましょう。

◎表のルール
 国名の欄が明るい黄色の国  =1位(決勝T進出)
 国名の欄が暗い黄色の国   =2位(決勝T進出)
 国名が濃い灰色になっている国=3位(グループリーグ敗退)
 国名が薄い灰色になっている国=4位(グループリーグ敗退)

W_9

W_10

W_11

W_12

W_13

W_14

W_15

W_16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

ジーコJAPANのW杯は終わった

ちわ〜っす!

日本代表は負けてしまいました。この4年間、積み上げてきたものを王者・ブラジルに蹴散らされてしまったかのような印象が残りました。実際はグループリーグの3戦目ということで、前の2試合抜きに語ることはできないのでしょうけれど、ブラジル戦は「対世界」の象徴として、日本と世界のトップの差を映していた部分もあっただろうと思います。

どよ〜ん。。。

ネットでニュースを拾い読みすると、早くも(?)2010年の南アフリカW杯へと話題をとりあげたりしています。編集部でも注目している現在の若手選手たちの名前が、「次の日本代表候補」として書かれているのですが、今回のW杯メンバーとして経験をつめなかったことで、先行き不安という声が多いです。

これは、でも中学サッカー小僧たちにとっては、チャンスですよ! だって次回W杯のときは、現在中学生のみんなと、今回ギリギリで選ばれなかった若手選手たちの経験の差は、W杯に限っていえば「ない」わけですし、今回の反省として若い選手がメンバー入りする可能性が高いでしょう。

日本代表と世界の差は、何だっただろう? 先輩たちが真剣勝負をして見せてくれたものの中から、自分で考えて発見してください。「俺が世界を見返してやる」と言って、ますます練習に力を入れて頑張っていることを期待してます。

では、ここでもう一度。「次は君の番だ!! 南アフリカW杯への準備をしよう!」(中学サッカー小僧2006夏版 特集2のタイトルより)

| | コメント (0) | トラックバック (1)