« 中学サッカー小僧2006秋冬版、本日発売! | トップページ | プレゼントのお知らせ »

2006年9月15日 (金)

U-17日本代表とU-19日本代表候補

ちわ〜っす!

遠く、シンガポールの地でU-16日本代表選手たちが大活躍中です! 昨日行われたAFC U-17選手権・準決勝でシリアを2−0で下して、決勝戦進出を決めました! 得点したのは斉藤 学選手(横浜F・マリノスユース)柿谷 曜一朗選手(セレッソ大阪)。斉藤選手はみなさんご存知のとおり、昨年まで中学サッカーのフィールドをところ狭しと走り回っていた選手です。柿谷選手は、自分はその中学時代を見ていないので知りませんが、いまの中学3年生の中には、輝く先輩の姿を憶えている人もいることでしょう。

そんな身近な先輩たちが、この世代の日本代表としては1994年以来2度目のアジアチャンピオンを目指して、17日(日)に北朝鮮のU-16代表と決勝戦を行います! 12年前の代表には、稲本潤一選手、小野伸二選手、高原直泰選手らが名を連ねていました。そうです。あの黄金世代以来なんです。まったく気が早い話ですが、ということは、12年後のW杯で日本はもう一度チャンスを得ることになるのではないでしょうか! 

おっと、やはりこれはフライングでしたね。。。失礼。とにかく17日の決勝戦を待ちましょう。どこかがTV中継などしてくれればいいのですが、なさそうです。当日の結果は大会HPでチェックしましょう。

JFA大会HP:http://www.the-afc.com/japanese/competitions/AFCU17/default.asp

もう一つ上、U-19日本代表も10月の終わりから、同じようにワールドカップの出場権をかけたアジア大会を戦う予定なんです。そのための強化合宿ももう最終段階。昨日までの4日間、千葉県内で日本代表候補たちのトレーニングキャンプが行われていたので取材してきました。

自分が見てきたのは、2日目と3日目。秋雨前線がバランスを崩しために、先週末から一気に10度くらい気温が下がって、肌寒い気候になっていました。雨が降ったり止んだりをくり返し、グラウンドの上には冷たい風が吹いたので、さらに冷気が身にしみました。

2日目のトレーニングでは、今回[2006秋冬版]ガンバ大阪ユース(p128〜)柏レイソルU-12(p136〜)の練習法として紹介した「4対2のパス回し」のグレードアップ版のようなものをやってました。まず10人を4、4、2に分けて、ビブスをつけます(今回は、4:赤、4:なし、2:緑)。で、パス回しをするのですが、緑ビブスの2人はいつもオフェンス側としてこのゲームに参加します。つまり6対4のパス回しになるわけですね。緑ビブスは、誰が仲間なのか、誰にパスを出すのか常に頭を働かせないといけない。なんかオシム的ですね。さらに「ワンタッチで」とか、「ワンタッチ→ツータッチで」とルールが追加されます。Dscf3621

見ていてかなりおもしろそうだったので、みなさんもぜひやってみましょう。15メートルくらいのグリッドでやってましたが、自分たちがやりやすいサイズで構わないと思います。パス回しの目安は10回。U-19の選手たちは罰ゲームで腕立て伏せをやっていました。

3日目はジェフ千葉との練習試合でした。J's GOALに詳しいレポートがあったので、興味がある人はそちらへ。格上相手にも随所に光るプレーが見られました。前回A代表入りした梅崎 司選手や同じ大分トリニータの福元 洋平選手、右サイドの山本 真希選手(清水エスパルス)やCHに入った田中 亜土夢選手(アルビレックス新潟)など、など、J選手が中心。あと数試合とわずかな時間しかありませんが、彼らのJでの活躍もチェックしていこうと思いました〜

|

« 中学サッカー小僧2006秋冬版、本日発売! | トップページ | プレゼントのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/3453626

この記事へのトラックバック一覧です: U-17日本代表とU-19日本代表候補:

« 中学サッカー小僧2006秋冬版、本日発売! | トップページ | プレゼントのお知らせ »