« 新日本代表18人 vs 新トリニダード・トバゴ代表17人 | トップページ | 日本代表対トリニダード・トバゴ取材! »

2006年8月 8日 (火)

U-21日本代表戦、みなさんはどう見ましたか?

ちわ〜っす!

新日本代表にU-21日本代表から青山直晃選手(清水エスパルス)が選ばれましたね。昨夜テレビで放送されていた試合で、自分は、ようやく顔と名前を覚えたというくらい無知なのですが、顔と名前を覚えさせるプレーを見せてましたからね。今度は生で、その期待のルーキーの活躍を見られるかも知れないと思うと楽しみでなりません。ええ。明日の試合、取材に行く予定です。

話は戻りますが、昨夜の試合は、見ていて興奮させられましたね。特に1点目の美しさに! 
枝村匠馬選手(清水エスパルス)のクロスボールの描いた放物線は、きれいだったな〜(まだ陶酔しています)。その見事なクロスボールに応えた本田圭佑選手(名古屋グランパス)もあっぱれでした。地面に叩き付けたヘディングシュートは、中国GKとDFの狭い隙間をうまく通り抜けていきました。さらに、その得点をお膳立てした梶山陽平選手(FC東京)。相手DFを3枚(確か…)おびき出して右サイド前方の空間へ優しいパスを出しましたね。文字どおり得点の舞台を演出したというパスでした。

梶山選手は試合終了まぎわに3点目となり得た決定的場面で、シュートを打ち損ねてしまいましたが、それを差し引いても頼りがいのあるプレーヤーであったと思います。

増田誓志選手(鹿島アントラーズ)があげた2点目は、増田選手の個人技による得点だったと記憶しています。いろんな場面に顔をだし大活躍だった中村北斗選手(アビスパ福岡)からパスを受けたそうですが、残念ながら思い出せません。

増田選手がペナルティエリア内(だったと思います)右側を縦方向にドリブルして切り返して相手DFのマークを一瞬外す。そして中へ強くて早いセンタリング!と思わせたところで、ストップ、(おそらく)とっさの判断でシュートに切り替えました。DFもGKも十分に反応できず、ゴールのニアサイドをぶち抜くシュートを決めました。

後から見れば、中国DF&GKがなぜゴールをがら空きにしているのだろう?と思わせるような絵になっていると思いますが、あの最初の切り返しで増田選手が優位な状況に立ったことにより、中国DF&GKはギリギリのリスクを負った対応をしなければならなくなった→視野が狭くなった。それに対して増田選手は(ゴール前に見方が揃っていないことも含め)冷静に状況を把握できていた。ということだったのではないかと思います。

おぼろげな記憶に加え、自分の推測ばかりですが、想像力をかき立てられる魅力的な内容だったと思います。

|

« 新日本代表18人 vs 新トリニダード・トバゴ代表17人 | トップページ | 日本代表対トリニダード・トバゴ取材! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/2983688

この記事へのトラックバック一覧です: U-21日本代表戦、みなさんはどう見ましたか?:

« 新日本代表18人 vs 新トリニダード・トバゴ代表17人 | トップページ | 日本代表対トリニダード・トバゴ取材! »