« U-21日本代表戦、みなさんはどう見ましたか? | トップページ | mupc World Final と兄弟誌発売のお知らせ »

2006年8月 9日 (水)

日本代表対トリニダード・トバゴ取材!

ちわ~っす!

今日は月がきれいに見えます。もう、深夜になりました。先日お伝えしたように、今日はオシム・ジャパンの船出を取材してきました。対トリニダード・トバゴ戦@国立競技場。

結果はご存知の通り、2-0と、スコアの上では完勝。「では」などと書きましたが、内容でも危なげない勝利だったと思います。特に前半は、これがオシムサッカーか、楽しいな、と改めて思わせてくれる試合内容で、今日はテレビ観戦ではなくスタジアムに行ったんですが、その甲斐があったと、実際テレビの映像をまだ確認してないので言い切れるものか分かりませんが、ピッチの上を規制を受けずに眺められたことを幸運に思うような人とボールの展開を見させてもらいました。

目立ったのは10番を背負った田中達也選手(浦和レッズ)。オシム監督が試合後の会見で、「私は残念ながら魔法使いではありません。ですからそれほど短い期間(3日間)内にチームのコンビネーションを練り上げていくということはできません」と言い、その上で、「短期間で(コンビネーションを)完璧に近づけるもっとも簡単な方法が、ある一定のグループのかたまりの選手を、同じJリーグのチームから選んでしまう」方法だと話していましたが、やはり今日の日本代表のスタメン11人のうち6人を占めた浦和レッズコンビネーションがもっとも機能していたように見えました。

田中達也選手が目立ったというのも、田中達也選手の走り出しやワンタッチプレーが光っていた=彼自身の好調もあったと思いますが、それに加えて中盤の鈴木啓太選手、長谷部誠選手、三都主アレサンドロ選手とのコンビネーション、つまり彼らあってのものという面もあったと思います。

しかし、点を取ったのは田中達也選手ではなく、ご存知アレックスでしたね。得点シーンのコンビネーションという点では、2点目(1点目は直接FKだったので)は、(鈴木啓太選手から)駒野友一選手(サンフレッチェ広島)が一気に前線に走りこんだアレックスへというもの。これを探して名付けるならジーコジャパン・コンビネーション? まあ、11名中6名ですし、浦和レッズ一色ではなかったというわけですね。

前半のうちは、日本代表が右サイドから試合を組み立てようとしていたように思います。田中隼磨選手山瀬功治選手の横浜F・マリノスコンビもみられましたが、他の選手との間ではちょっとしたズレが感じられました。その右サイドでの構築がうまく行きかけたときに左サイドに展開したもんで、トリニダード・トバゴ選手たちも対処し切れなかった、これも2点目の得点の要因だったと思っています。

トリニダード・トバゴのレイズベルヘン監督が分析したように、日本は前半の25分までが特にすばらしく、後半に入るといろいろと選手交代などあったため、前半よりは悪くなってしまった。

完全に個人的な反省を書いてしまえば、記者会見でオシム監督に選手交代の意図と坪井選手のケガの状態について聞くべきだったなと思っているんですが、想像するに、選手交代については、オシム・ジャパンの初戦、それに親善試合、プラス、リードしていたこともあって、ベンチメンバーたちがどんなプレーをしてくれるか、ある意味テスト的な面もあった交代だったのでは、と思っています。

もちろん交代メンバーだけのせいじゃなく、オシム監督いわく「今日の選手の中には90分間走ることができない選手がいた」ということでしたが、きっとそれ以外に「走るサッカー」ということで、新しいことをやろうとしたためにバテてしまった、私はそれは精神的なものだと思うのですが、そんな理由もあって、後半のあんな感じだったんではないでしょうか。

で、結局、オシム・ジャパンはこれから楽しみだと思っているのですが、どうでしょう。「楽しいな」とか「楽しみだ」とかいう感想で、今後また見に行けるものか。そんな興味も生まれる試合になりました。

|

« U-21日本代表戦、みなさんはどう見ましたか? | トップページ | mupc World Final と兄弟誌発売のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/3001445

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表対トリニダード・トバゴ取材!:

» ALEX -- SANTOS ALESSANDRO Official Website -- [BALANCE WEB DESIGN -すべてのWEBデザイナーに捧ぐ!!-]
今日はオシムジャパンで活躍した浦和レッズの三都主アレサンドロのサイトをご紹介。 アレックスもジーコジャパンの時はボールの持ちすぎで使い物にならなかったけどシンプルにやればできる選手だったことを思い出した。 ジーコジャパンには期待が持てず全く面白くない試合..... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 01時19分

« U-21日本代表戦、みなさんはどう見ましたか? | トップページ | mupc World Final と兄弟誌発売のお知らせ »