« 全日本少年サッカー大会 準決勝取材 | トップページ | お盆のサッカー情報 »

2006年8月12日 (土)

全日本少年サッカー大会 決勝戦取材

ちわ~っす!

今日は昨日からの続きで、全日本少年サッカー大会決勝を見てきました@西が丘サッカー場。決勝戦は大会3連覇を狙う横浜F・マリノスプライマリーと、予選グループリーグでそのマリノスプライマリーを1-0で下しているFC浦和。昨日の試合では、両チームの中でも背の大きい2人が目立っていました。マリノスのCF・9番の選手とFC浦和の右WG・15番。

試合開始前に少しぱらついた雨も止んで、どんより雲に覆われた湿気の多いじとじとした空気ではあるものの、恐れられた雷雨は試合終了までやってきませんでした。よかった。よかった。

さて、それでは試合開始。さっそく得点シーンがやってきます。横浜F・マリノスプライマリーの注目選手9番が、ペナルティアークの右端付近でゴロパスを受ける。思い切りよくミドルシュートを狙ったもののFC浦和の選手が2人ブロックに入りました。しかし、運よく/悪く、こぼれ球がまたマリノス9番の足下へ。9番はそれを落ち着いてコントロールし、右足で落ち着いてゴールの枠ギリギリを狙ったシュート! ゴール前に敵味方入り乱れ、ゴールキーパーにはブラインドになっていたのでしょう。シュートはゴール左隅に入りました!! 

1-0。F・マリノスが幸先のいいスタートを切りました。FC浦和はゲームプランが狂ってしまったことでしょう。小学生サッカーは全国大会といえど、20分ハーフ、計40分しか時間がないので、焦りもうまれたのだと思います。FC浦和は足の速い大型ウィングの15番の突破力にすべてをかけ、ボールを奪っては15番へ。奪っては15番へと繰り返します。

確かに驚異的でした。しかしF・マリノスプライマリーの左SB・5番の選手がよく対応していたし、さらにCBでキャプテンの4番が肝心なところでカバーリングに入っていました。

結局、次のビッグチャンスもF・マリノスプライマリーのものとなります。左サイドのコーナーフラッグ近くに流れてきた9番が縦パスを受けて、そのままサイドエリアで勝負。マーカーを振り切ってグラウンダークロスを入れると、中では相棒のテクニシャン背番号10が待っていた! ダイレクトシュートはゴール枠左へと飛んでいったが、これはFC浦和のGKがファインセーブ! 何とか望みをつなぎました。

しかし、最後までマリノスゴールを脅かすことができないまま、タイムアップ。立ち上がりの1点が勝負を分ける結果になりました。

見事に横浜F・マリノスプライマリーが大会3連覇を達成。彼らの目的はいつでもトップチーム昇格だとはいえ、この結果が今後のサッカーライフでも支えとなるだろうし、素直に祝福したいと思います。おめでとうございました!

Dscf3106 ※写真は、決勝戦終了後の様子

|

« 全日本少年サッカー大会 準決勝取材 | トップページ | お盆のサッカー情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/3033727

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本少年サッカー大会 決勝戦取材:

» 誇り [ちびと一緒の旅 −少年サッカーの頂点を目指せ−]
今日、【第30回全日本少年サッカー大会】の決勝が行われた。 “前人未踏”の【全国3連覇】を目指す横浜F・マリノスプライマリーと“サッカー処”【埼玉・浦和】中の精鋭達が選抜されて創られたFC浦和との【一騎打ち】だ。 前半早々に、見事なパスワーク+個人技で横浜F・マリノスプライマリーが先制点を取った。しかし、この1点が後々、横浜F・マリノスプライマリーに重荷になる。前半はなんとか【組織的】な守備(見事なカバー... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 20時47分

» F・マリノスプライマリー、三連覇! [サッカー親バカ日記]
今日から盆休み・・・! サッカー少年は、当然・・・サッカー漬けで、 午前中の通常練習を終え、 今、第30回全日本少年サッカー大会 の決勝戦を ビデオで観戦した。 結果は、前年度優勝の横浜F・マリノスプライマリーが、 埼玉県代表のFC浦和を1-0で降し、三連... [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 14時59分

« 全日本少年サッカー大会 準決勝取材 | トップページ | お盆のサッカー情報 »