« ピルロのスルーパスに学びましょう | トップページ | 2006ドイツW杯これにて閉幕 »

2006年7月 6日 (木)

デコとジダンのパスの違い

ちわ〜っす!

このブログの話題も現在、完璧にW杯に浮気していますが、それもあと2戦のこと。一足早く祭りの終焉を思って、そのはかなさを感じている自分っす。

今朝のポルトガルvsフランスもガチガチの真剣勝負でしたね。個人技のポルトガル対組織プレーのフランスという印象を受けましたが、それはデコとジダンの出来の違いが作り出した明暗だったのではないかと思っています。デコは決定的好機を創出できなかったどころか、担っている役割が大きいだけにチームを分断させてしまっていたのではないかと思います。

あと、ポルトガルは審判とどうしてもウマが合わなかった。予想外のところでプツリプツリとプレーが切れてしまった。そして、フランスは対称的なくらいにピッタリ合ってた。ファウルかファウルでないか、微妙なプレーの線引きが試合を決定付けてしまうこともありますよね。あのPKも個人的にはちょっと厳しい判定だったかなと思っています。前半30分でウルグアイの審判がフランスに好印象、ポルトガルにちょっと悪い印象を抱いていたのかも知れないなどと勝手なことを想像しています。

自分はその辺を見抜く能力に自信がないのですが、この試合は両チームともフェアーに戦っていたのではないでしょうか? いや、どうなんでしょうか? 自分はクリーンな勝負だという目で観戦していたので、ポルトガルの右SBミゲルの負傷退場のシーンに目頭が熱くなりました。純粋に勝負に勝ちたいというモチベーションで戦っているのが見え(た気がして)ジーンときました。

これは中学生の皆さんが観客の僕らに与えてくれる感動と同質なんですよ。知ってましたか? なかなか中学サッカーを外から観られないから知らないかも知れません。今はW杯に浮気中の自分ですが、W杯がもうすぐ終わることに対してはかなさを感じると同時に、すぐそこにやってきている中学生たちの夏大会を待ち切れなくなってきています。このW杯を観たみんながどんなサッカーを見せてくれるのか、とても楽しみにしています。

それではラスト2戦、世界のスーパースターたちが繰り広げるサッカーを貪欲に吸収しちゃってください。

|

« ピルロのスルーパスに学びましょう | トップページ | 2006ドイツW杯これにて閉幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/2526727

この記事へのトラックバック一覧です: デコとジダンのパスの違い:

« ピルロのスルーパスに学びましょう | トップページ | 2006ドイツW杯これにて閉幕 »