« ドイツは近いような遠いような | トップページ | 「太ももとふくらはぎは特に大きい」とロナウジーニョ »

2006年6月13日 (火)

ケーヒルと小笠原満男

ちわ〜っす!

日本、惨敗(ざんぱい)……。ボロ負けでしたね。中学生の試合みたいに30分とか35分ハーフだったら勝っていたのに!! 地力の差というものを感じた試合内容でした。オーストラリアも決してスーパーじゃなかったにも関わらずあんな格好の試合で、かなり楽観的に予想を立てていた自分も、初戦を終えてようやくワールドカップにおける日本の立ち位置を掴んだのでした。

くっ、悔しいな〜。世界中にいいチームはたくさんあるけど、日本代表は1チームだけ。みんな文句を言いつつも、厳しい状況にたった日本代表を最後まで応援するしかありません。

日本代表にもいいところはたくさんありました。まず自分は、柳沢選手があんなに球際に強い選手だったとは知らなかったっす。ケガ明けにもかかわらず、ボールをキープしようという場面では一度も相手にボールを渡しませんでした。さらに試合後、オーストラリアのスター選手・キューウェルとユニフォーム交換をしていた(ようだった)福西選手もよかったっすね。キューウェル(多分)がユニフォームを求めたのも、まさか顔が格好いいからではないでしょう。パスミスもなく、ボール奪取でも目立ちました。

でも実際、これがワールドカップだってことを思えば、いくつかの状況判断のミスはつきもの。もちろん一試合目で勝ち点をひとつでも拾っておければそれに越したことはなかったのですが、百年構想的には、次の試合から吹っ切れた状態で強豪チームに挑戦できるのも、とても価値があることのように思えます。ああ、これはちょっと望みを下方修正しすぎかな〜?

ともかく勝ち点勘定はかなり厳しくなってしまいましたが、次の試合のJAPANには期待しています。日本代表チームのプラス面を鋭角にして、勝ち点3を狙う試合を見せてほしいものです。
応援し続けますよ。ガンバレ・ニッポン!

|

« ドイツは近いような遠いような | トップページ | 「太ももとふくらはぎは特に大きい」とロナウジーニョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/2200157

この記事へのトラックバック一覧です: ケーヒルと小笠原満男:

« ドイツは近いような遠いような | トップページ | 「太ももとふくらはぎは特に大きい」とロナウジーニョ »