« 時差ボケレポート | トップページ | 年始の中学サッカー »

2006年1月 9日 (月)

高校サッカー選手権決勝

滋賀県立野洲高等学校のみなさん、選手権優勝ほんとうにおめでとうございます!

延長後半7分、最後の最後苦しい時間、決定的なクロスにあわせようと走りこんだ選手の多さ! ビューティフルゴールに結晶したみんなのがんばりは感動的でした。

このチームはセゾンフットボールクラブ出身の選手が中心になっているみたいっすね。テレビでも大きく取り上げられたエースストライカー青木孝太選手ジェフユナイテッド千葉・市原入団決定)セゾン出身。高校世代で結果を出すために、これからさらに、中学からの一貫指導に注目が集まりそうっすね。

ちなみにさっきセゾンフットボールクラブのHPをのぞいたら、来年度のジュニアユースセレクション開催予定が掲載してあったっすから、今、小6のみんなはチェックしてみるといいと思うっす! →http://www.windsweb.ne.jp/saison/
人気爆発しそうっすね〜。

また大会2連覇の偉業がかかっていた私立鹿児島実業高等学校のみなさんも、期待通りの熱いファイトを見せてくれて、ありがとうございました!

選手の見た目も、プレーぶりも対照的な二校による決勝戦をほんとうに楽しませてもらいました。どっちがいいではなく、多様がいいということを改めて見せつけてくれました。
両校がつらぬいた己の意地、各所に見られたっすよね。

自陣低い位置でもドリブルする、ショートパスをつなぐ野洲高と、激しいあたりでファウルをとられることも多かった鹿実。どちらも選手の意思統一がしっかりされてるんだろうなと思わせたっす。

ちなみに鹿実の選手は、ディアマントFC鹿児島桜島中学校出身のメンバーが中心でしたね。高校サッカーファンのみなさんにも、中学サッカーの重要性が伝わると思うっす。

さぁ熱戦を楽しんだ中学サッカー小僧のみんな、これからまた、自分のサッカーを追求して練習、練習、練習だ〜!!

|

« 時差ボケレポート | トップページ | 年始の中学サッカー »

コメント

中学からの一貫指導が今年から来年にかけて
かなり注目を集めそうですね
なかでもルーテル学院・常葉橘・浜松開誠館などは中心的な
話題になるのではないでしょうか?

投稿: 愛知県サッカー情報 | 2006年1月10日 (火) 21時20分

愛知県サッカー情報さん

コメントいただきありがとうございます!
自分は取材でお世話になった帝京可児中も期待してるっす!

HPを見させていただきました。
U-15の情報も掲載されてるっすね。

一緒に盛り上げていきましょー!!

投稿: 編集小僧 | 2006年1月11日 (水) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/288996

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー選手権決勝:

« 時差ボケレポート | トップページ | 年始の中学サッカー »