« 中学サッカー観戦記 | トップページ | U-13 神奈川県大会2次リーグ終了 »

2006年1月16日 (月)

大学女子選手権レポート

ちわ〜っす!

前回書き残していた全日本大学女子サッカー選手権大会・準決勝第二戦について書いていくっす。
だけどその前に、昨日国立競技場で行われた決勝戦(男女)の結果っす↓。

第14回 全日本大学女子サッカー選手権大会・決勝
東京女子体育大学 1-2 早稲田大学
早稲田大学が延長戦を制し、初優勝!

第54回 全日本大学サッカー選手権大会・決勝
駒沢大学 2-1 順天堂大学
駒沢大学が大会2連覇を達成! FW原一樹選手が大会MVPに選ばれました

神奈川大学(青)vs早稲田大学(エンジ)
<全日本大学女子サッカー選手権大会>

西が丘のサブグラウンドで中学サッカーを観戦していた自分でしたが、メイン競技場から聞こえてくる歓声につられて、第二戦の神奈川大学vs早稲田大学を観ることに決めたっす。
スタンドに着くと、さっそく両校の応援合戦がスタート。遠目でもそのキビキビとした動きは格好よく、拡声器も使ってないのに競技場全体に響きわたる「フレー! フレー!」という声が観戦者&選手の気持ちを盛り上げていったっす。
Photo_17 試合開始と同時に雨足が強くなったっす。序盤は神奈川大学が優勢。なでしこ代表の14番矢野喬子選手と右サイドの9番鈴木麻友選手が攻撃を組み立てたっす。しかしクロスを中で合わせられない。早稲田大学のDF陣やGKの岸 星美選手の飛び出しで、シュートを打たせてもらえない。
2_210分、早稲田大学はカウンターで3対3の状況を作った。早い展開の中で、ボールスルー2連発。完全に神奈川大学DFを翻弄してシュート。右サイドから放った強烈なシュートはわずかにゴール左に外れていった。
15分、降り続く雨。ピッチが水を含み、ボールが伸びるようになってきた。
22分、これもカウンター気味。ハーフライン越えた位置から早稲田大学11番・佐藤衣里子選手10番・渡辺夏奈選手へスルーパス! 3人並ぶ神奈川大学のDFをななめに切り裂いた。パスを受けた渡辺夏奈選手は、落ち着いてゴール前へ運んでシュート。先制点を決めたっす。

雨の勢いは増すばかり。傘をさしての観戦をあきらめて、席を立つ人たちもちらほら現れだしたっす。そんな中、両校の応援団は、選手と同じように傘もささず、歌い続けてたっす。あれだけされたら頑張らないわけには行かない選手たち。ライン際の攻防が激しくなっていくっす。

4_1 後半に入り12分、コーナーキックから早稲田大学が追加点を上げたっす。ゴール前で押し込んだのは、4番・深澤歩美選手。この一点は、水浸しのピッチを走る神奈川大学の選手の足に重くのしかかったと思うっす。
パスが少しずれ出した。ロングボールを放り込む神奈川大学。焦りからか組み立てられなくなってきた。選手交代で新たにFWを投入したりしたっすけど、シュートすらなかなか打たせてもらえなかった。
そのまま試合は終了し、0-2で早稲田大学が決勝進出を決めたっす(そして上に書いたように翌日も勝って初優勝!

雨に濡れると風がとても冷たくなったっす。厳しいコンディションのもと、両校みんな(応援団含めて)よく闘ったっす! そして自分は、震えながら最後まで観戦を続けたみなさんにも、拍手を贈りたいと思ったっす。

|

« 中学サッカー観戦記 | トップページ | U-13 神奈川県大会2次リーグ終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/365841

この記事へのトラックバック一覧です: 大学女子選手権レポート:

« 中学サッカー観戦記 | トップページ | U-13 神奈川県大会2次リーグ終了 »