« 埼玉U-13大会第一戦 | トップページ | 試合は雪のため中止です »

2006年1月22日 (日)

埼玉U−13大会第二戦

ちわ〜っす!

今日は、もちろん昨日の続き、第6回埼玉県クラブユース(U-13)サッカー大会の決勝戦をレポートするっす。ただ、うかうかしてたから、埼玉県クラブユースサッカー連盟(U-15)HP:http://scjy.ops.ne.jp/に結果がのっかってるっすけど…。

◆11:30〜 決勝戦
 クマガヤSC(赤/緑) vs FESTA FC(白)

最初に気になったのは、我ながらおかしいけれど、監督の声。FESTAの監督さんの声が、大きいスタジアムの端まで響き渡っていた。「ウラとろう、ウラ!」 しかし勢いあまったのか、FESTAはすでに前半8分間で3度目のオフサイドだ。
クマガヤSCは、両サイドから効果的に攻めている。
11分、クマガヤSC、左サイドへのロングパスが通って、ドリブル突破。インサイドで中にパスを出したが、勢いが足りない。FWがなんとか合わすもワクをそれた。
16分には、右サイドで個人技、そして3人でワンタッチ三角プレーを見せるクマガヤ攻撃陣。その直後には、そのプレーを残像につかって、ミドルシュートを放つ。多彩な攻撃に、FESTA・DF陣も対応するのが大変だろうと思った。
Jan2111 19分、クマガヤSC・長身の右ハーフ24番が、DFのウラをとった。正確なパスをトラップしたのはペナルティエリア内。中央には一人味方が走りこんでいたが、DFが追いつかないと見ると一歩中へ切り込んでシュート。豪快に蹴りこんで1−0。
25分、今度はFESTA FCがウラをつく。センターサークルからのパスに、29番の選手が飛び出しシュートを狙うも角度がなかった。
27分、クマガヤSCの中盤から浮き球のスルーパス。難しいボールを何とかトラップ、DFが寄せてこぼれた球を別の選手がシュートし、ゴール。しかし、先に主審の笛が鳴っていた。PKを獲得してがっかりするのは、あまりないだろうけれど、「えーっ」と思ったに違いない。ともあれ、クマガヤFWの15番がPKを難なく決めて2−0とした。前半終了。

後半スタート時、クマガヤSCを応援する人がこう言っていた。「2点勝っているし、もう楽しみは個人技観賞だけになるだろう」って。それが聞こえたわけはないだろうけれど、FESTAがもう追撃をみせたっす。
両チームとも選手を交代させた。FESTAはより攻撃的に。DFの93番を下げて、FW・74番を追加した。そうっす、一年生だからか、FESTAの選手はみんなデカい背番号をつけていたっす。一方クマガヤはFW15番を下げて、右SBの2番を追加、同ポジの19番をハーフへ、24番をFWに換えたっす。
11分、FESTAの追撃が始まる。左サイドを突破し、中へ折り返す。フリーで走りこんだ78番がゴールを決めてノロシをあげた。2−1。
Jan2117 14分、勢いづいたFESTA・78番が、キックフェイントで一人かわして絶妙のクロスをおくる。中では3人が待っていた。3番がヘディングで飛びこみ同点に!
後から思い返しても、FESTAはファーストゴールからとたんに強くなったと思うっす。自信を得て、ゲームの途中で成長していく。見ていてとても楽しかったっす。
そして21分、センターラインを越えたところから、FESTA・MFが力強いスルーパスを通した。78番がまた、ウラへ抜け出しGKと1対1に。冷静に右サイドに決めた。逆転だ2−3。
22分、クマガヤSCは、「両サイドで攻撃の起点を作れなくなってきていたので」パワータイプのFW4番を投入した。監督のこの采配はズバリ当たったっす。
23分、左サイド個人技を見せてきた30番がセンタリングをあげ、入ったばかりの4番が左足でハーフボレー、いいコースに飛んで、再度、同点にもちこんだ。
26分、FESTAがボールを支配し押し込んでいる時間が多かったけど、カウンターからクマガヤ24番が4番とのワンツーで抜け出しGKと1対1。決まるかと思われたが、シュートは決まらず、延長戦に突入した。

延長前半、クマガヤSCが右サイドCKを3本連続で獲得したが、ゴール前でねばったFESTA FC。左ハーフの3番を中心に攻撃を繰り返したが、得点はできない。

延長後半6分、FESTAペースの中、クマガヤの16番が意地を見せる。相手CKのこぼれ球を自陣ペナルティーエリア付近で拾って、左サイドをドリブル。DFにつかれるも、ヨーイ・ドンのスピード突破、なんと相手タッチラインまでボールを運んだっす。
それでもFESTAの勢いはとまらない。
9分には、また78番がウラへ抜け出した。しかしクマガヤDF・20番が後方から華麗なタックルを決めてCKに逃げた。そのCKをFESTAの選手が中でヘディング、勢い十分だったけど、惜しくもバーを越えてしまった。

Jan2121 ピッピピーのピーと、試合終了。PK戦となった。気がつけばピッチが一面、雪に覆われて真っ白になっていたっす。
結果、勝利しチャンピオンチームになったクマガヤSCの監督さんも言っていたっすけど、PK戦は“運”。自分は誰が決めて誰が外したとかは、書きたくないっす。

この試合は両チームにとって、次のNIKE PREMIER CUPに向けたいい弾みになったと思うっす。FESTAは県トレの選手もいない「雑草軍団」だというっす。この試合で得た自信は大きかったと思うっす。
また、クマガヤSCはもちろん優勝し、勢いにのるでしょう。「ただ次、勝たないと“チャンピオン”じゃないんで」という監督さんの言葉どおり、気を引き締めて、死角なしにしてがんばってほしいっす。
NIKE PREMIER CUPがますます楽しみになったっす〜!
Jan2119

|

« 埼玉U-13大会第一戦 | トップページ | 試合は雪のため中止です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/463173

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉U−13大会第二戦 :

« 埼玉U-13大会第一戦 | トップページ | 試合は雪のため中止です »