« NIKE PREMIER CUP KANAGAWA | トップページ | U-13神奈川県大会「その後」 »

2005年12月18日 (日)

東京都新人戦決勝

ちわ〜っす!
トヨタカップ決勝見たっすか? サンパウロが虎の子1点を守って優勝したっすね。自分はリバプールが好きなんで残念だったすけど、これがサッカー。給料が高いほうが勝つとは限らない!

今日は、東京都新人戦の準決勝(2試合)と決勝@西が丘サブグラウンドに行ってきました。都内の新チームがどんな様子か、寒さで震えながらも、しかとこの目で見てきたっすよ!

Photo_5 ニュースでは昨夜から寒波到来ってことで、5枚も服を着こんで行ったんすけど、まだ寒かった。とにかく写真を見てほしいっす! 1戦目の八王子市立由井中昭島市立瑞雲中の試合なんすけど、強風も強風、これが体感気温を5度(テキトー)下げてたっす!

試合のほうも、ゴールキックもまともに蹴れないほど、強風にあおられてたっす。瑞雲中が左サイドを中心に攻めていたんすけど、最後のクロスが風の気まぐれにあってなかなか決まらない。後半には風上になった瑞雲中が、ロングシュートを積極的に打って攻めまくったんすけど、一点が遠い。延長戦になって最後の最後、瑞雲中はフンワリクロスにゴール前でヘディングを合わせたんすけど、由井中キーパーの目の前。PK戦の末、勝利の女神が微笑んだのは守り続けた赤ユニ、由井中。PK戦の前に、由井中の監督さんが言ってた「運はこっちにあるぞ!」という言葉が今、ふと思い出されるっす。

Photo_6 第2戦目は、町田市立町田第一中新宿区立牛込第二中っす。町田一中はタレント揃い。FWの選手は2、3人ならドリブルで抜けるし、抜けると思ってるところが強いっす。1点目も鮮やかなミドルだったし、2点目はコーナーをヘディングで合わせた。その後、連続3回同じサイドのコーナーチャンスがあったんすけど、全部同じところにミスなく蹴っていた。みんなが試合の中でコミュニケーションできるレベルだったっす。後半10分くらいに、3点目をとられると牛込二中の集中力が少し途切れてしまったのか、続けて4点目、5点目と決まって5−0。こちらも赤ユニの町田一中が決勝進出を決めたっす。

2時間弱の休憩タイムを挟んで決勝戦へ。延長、PKを戦った由井中か、休憩時間の短い町田一中か。正直、自分は町田一中が大量得点するのではないかと予想していたっす。しかしサッカーはそんなに単純なものではなかったっす。

Photo_7 前半は総じて町田一中ペースだったと記憶してるっす。右サイドから2回決定的場面をつくったんすけど、シュートが枠から反れたっす。由井中のほうも守り一辺倒ではなかったんすけど、なかなかシュートまで持っていけない。そして町田一中が決めきれないまま前半終了。後半戦に入ると、時間とともに2チームの明暗がはっきり分かれてきたっす。決勝戦という状況下で精神力が体力を凌駕していた由井中と、累積警告でチームの主力を欠いていたこと&前半得点できなかったことでリズムが壊れていく町田一中由井中のパスが4本、5本、6本、7本とつながるようになってきて、シュートまで描けるようになったと示したその次の攻撃で、また多くのパスをつないで最後はゴールネットにパスを通したっす。そのままタイムアップを迎え、由井中の優勝! 決勝戦でチームが一つになっていくストーリーが最高だったっす。みんなおめでとう!

「寒い、寒い」が口癖ながら、みんなの全力サッカーを見ていたらいつのまにかに寒さを忘れていた編集小僧でした。
(帰り道には当然、それを思い出したっすけど)

|

« NIKE PREMIER CUP KANAGAWA | トップページ | U-13神奈川県大会「その後」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4648/115801

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都新人戦決勝:

« NIKE PREMIER CUP KANAGAWA | トップページ | U-13神奈川県大会「その後」 »